Season Best

季節から定番の情報満載でお送りします。

パリSG(サンジェルマン)移籍先に選ばれる理由は?結局お金なの?

スポーツ好きの方ならパリSGって名前を結構聞くことが多いのではないでしょうか?

2017年現在はサッカー界のスーパースター「C.ロナウド」が移籍するかも!?と噂されていますが、過去にもその時代のビッグスターたちの新たな移籍先としてよく名前が上がっていました。

しかし。

世界3大リーグでもないのでなぜパリSGをスーパースターたちが移籍先として選ぶのか。

サグってみました。

ads by Google


▶︎. これまでに在籍した選手たち

まずはパリSGに在籍している・したことのある有名選手をピックアップしていきましょう。

◆. DF
マルキーニョス(ブラジル)
チアゴ・シウバ(ブラジル)

◆. MF
ルイス・フェルナンデス(フランス)
クロード・マケレレ(フランス)
オーガスティン・オコチャ(ナイジェリア)
デイビット・ベッカム(イングランド)
ロナウジーニョ(ブラジル)
ハビエル・パストーレ(アルゼンチン)
ルーカス・モウラ(ブラジル)

◆. FW
パトリック・エムボマ(カメルーン)
ズラタン・イブラヒモビッチ(スウェーデン)


各国の代表に選出された選手はもちろん、その国の"顔"と言っても過言ではない選手たちも在籍経験を持つというのがパリSGなのです。

▶︎. なぜパリSGに有名選手が集まるのか?

例えば以下のような歴史あるチームだったらわかるんです。
※ ()内は設立年を記載しています。

◆. リーガエスパニョーラ
レアル・マドリード(1902年)
バルセロナ(1899年)

◆. プレミアリーグ
マンチェスターU(1878年)
アーセナル(1886年)

◆. セリエA
ユベントス(1897年)
ミラン(1899年)


上記のチームはいずれも創設100年以上とかなり歴史のあるチームとなっています。

では、パリSGはどうか。

設立 : 1970年

なんということでしょう。
まだ設立して50年も経過していないクラブではないですか。

設立が100年を越えるクラブであればあ歴史もあり、レジェンドと呼ばれる選手も数多く存在するのでそのクラブの放つ魅力が醸成されています。

しかし、設立から100年を越えるクラブがゴロゴロ存在する欧州で考えれば設立50年未満なんてまだまだ赤子のようなものです。

そんな赤子のようなクラブにスーパースターたちがこぞって移籍していく。

そう考えると、スーパースターたちが移籍先として選ぶ基準は"歴史"というわけではないのではないでしょうか。

ads by Google


▶︎. 選ばれる理由。やはり金銭的なものなのか…

やらしいかもしれませんが、判断基準としてとても大切なものなので確認しないわけにはいきません。

まずは気になったのが金満クラブはどこ?ということ。

Number Webにあげられていた代表格がこちら。

チェルシーイングランド
マンチェスター・シティ(〃)
レアル・マドリー(スペイン)
バルセロナ(〃)
●マラガ(〃)
パリ・サンジェルマン(フランス)
アンジ・マハチカラ(ロシア)
●その他
引用 : Number Web

パリSGも金満クラブはと呼ばれるポジションに位置していました。やっぱり持ってるんです。パリSGは。

よく比較対象にあげられるのマンチェスターC(シティ)の資金供給先と併せて見てみましょう。

マンチェスターC : アブダビ
パリSG : カタール

見ての通り、いずれも中東マネー。それぞれの国の投資会社がバックについたことで、類い稀な資金力を獲得することに成功したのです。

▶︎. 有名選手たちががパリSGを選ぶ理由

もうお分かりだと思いますが、パリSGが世界的なスーパースターから選ばれる大きな理由はその資金力。

そうです。
お金です。

すでに人生で使いきれないお金を持っていたとしても、やはり自分がどれだけ評価されているのかを探る指標は自分自身にどれだけお金を支払ってくれるのかということなのです。

お金のいいところは実際に数字として出るので、自分がどれだけの評価を得ているのかが客観的によくわかるということです。

やっぱりスーパースターたちも人間ですからね。

評価されていないクラブでプレーするよりもやはり自分を評価してくれるチームでプレーしたいと思うの至極当然なこと。

結局、お金。

ある意味、金額は数字という自分がどのように評価されているか判断しやすい「わかりやすさ」を持って言えます。

評価の基準がわかりやすいからこそ、スーパースターたちは移籍先に「パリSG」を選ぶ。

これが答えなのではないでしょうか。

ads by Google