Season Best

季節から定番の情報満載でお送りします。

クラフトボスラテ人気の理由は?カロリーと飲んだ感想も!

サントリーから発売された"ペットボトル"に入れられたコーヒー。それがクラフトボス。

4月4日から第一弾となる"ブラック"が発売されておりこちらも大きな話題となった商品です。

そんな話題のシリーズの新商品ということで、瞬く間に出荷一時停止の事態となってしまったのです。

ads by Google


▶︎. 人気の理由は何なのか?

人気なる理由はなんなのか?
考えられる理由を以下にざっと上げてみました。

・話題性
・価格
・味
・原材料
・デザイン

概ねこんな感じなのではないでしょうか。
1つずつ考えてみました。


▷. 話題性

この部分は間違いなくピカイチと言えます。

  1. これまで缶が主流だったコーヒー飲料の容器が、予てから登場を待ちわびていた「ペットボトル」が登場したこと。
  2. それが「サントリー」という一流企業から発売されたこと。
  3. プロモーションにも大々的にお金を投入していること。(CMの主演が堺雅人)


▷. 価格

だいたい同じ容量のボトル缶で比較できると思います。

◆ボトル缶
価格 : 151円(税込)
容量 : 400ml

◆クラフトボス
価格 : 139円(税込)
容量 : 500ml

コンビニで購入できるもので比較してみましたが"クラフトボス"の方が価格は安いのに容量も多いという何ともお得なスペック。

4月にブラックが発売されて以来、指示が持続しているのもなんとなく分かる気がします。


▷. 味

個人的に何度も飲んでいるので、感想も込みで書いてみたいと思います。

結論から言うと、市販されている缶コーヒーと大きな差はないと思います。

味覚なので人によって感じ方の違いがありますがコーヒーの味を決めるのは以下の4要素。

1.香り
缶コーヒーなのでそこまで期待はできません。実際、香りというレベルのものは感じられません。

2.酸味
この部分がすっきりとかなり飲みやすいというのが個人的な見解です。みずみずしい酸味でゴクゴク飲める感じです。

3.コク
コーヒーを飲んでいるな。としっかりと実感できます。ただ、主張しすぎてはいないのでコーヒーが苦手な方でも挑戦できる味わいです。

4.苦味
苦味はもしかしたら嫌と感じる方も多いかもしれません。後味というが、飲んだ後にエグみのようなものがあるので飲んだあとの爽やかさには欠ける印象です。

濃いめのガツンというコーヒーというよりは薄めのアメリカンというのが何となく正解な気がします。


▷. 原材料

原材料は以下の通り。

砂糖、コーヒー、調整クリーム、脱脂粉乳、香料、乳化剤、カゼインNa
引用 : Suntory

これと言って、他社商品と大きな差はありませんが作り上げるまでの工程はこだわっています。

焙煎・抽出・調合の全行程は200超え。さらに厳選した国産牛乳と北海道産の生クリーム使用しており、こだわり色濃く反映させた一品です。

ads by Google



▷. デザイン

今や商品販売動向を大きく左右するようになったデザイン。

クラフトボスのボトルデザインは非常に好評価を得ています。




持ち歩くにしても、清涼飲料水のそれとは全くにつかないのでそういった部分でも購入を促進されてしまうのは自分だけではないでしょう。


▶︎. クラフトボスラテの気になるカロリーは?

さて、人気の理由が何となくわかったところで最後に気になるカロリーを確認してみましょう。

話題の商品だからといって、高カロリーだったら飲みたくても飲めないなんてことになりかねないですからね。

◆クラフトボスラテのカロリー
31kcal/100ml

500mlペットだと"155kcal"ということになります。

一般的な清涼飲料水と変わらないカロリーですね。

ただ、飲み物としては甘い部類に入りますので砂糖を多用しているののは間違いありませんので飲み過ぎには注意が必要です。

飲んでも1日1本が無難でしょう。


▶︎. まとめ : クラフトボスラテの人気の理由は?

味や価格などに突出した部分があるわけではありませんので間違いなく"話題性"の高さから、現在の人気につながっていることが考えられます。

ボトルのデザインや価格は他に比べるとやや優位なところがあると考えられますので、この部分がどう捉えられるかで今後の人気が持続するかどうかが決まるのではないでしょうか。

ads by Google