Season Best

季節から定番の情報満載でお送りします。

aiwa(アイワ)復活理由や新商品発売時期・商標権を買った会社も

あのaiwaが復活するというニュースが流れ、一体どういうことなんだ!?というのが率直な感想です。

一度、失われたブランドが蘇るなんて夢のような出来事ですが現実に起こったわけです。

一体どんな流れで復活を遂げたのか、調べてみました。

ads by Google


▶︎. aiwaブランドを知っていますか?

どちらかというと若い世代というより、中高年世代に愛されてきたブランドなので簡単にaiwaについて確認しておきましょう。

1951年 : 愛興電機産業 設立
1959年 : 社名を"aiwa"に変更
1968年 : 日本初のラジオ付きカセットレコーダー発売
1969年 : ソニー資本提携
2002年 : ソニーがアイワを吸収合併
2008年 : ソニーがアイワブランドの終了を発表
2017年 : ソニーが商標権を譲渡。新会社のアイワが設立。新アイワが秋に4Kテレビなどを発売予定
引用 : 日経新聞

一時期、家電量販店やホームセンターなんかでもaiwa商品が「本当なのか!?」と思うくらい安く販売されており、中国のメーカーなのかと勘違いするほどだったことを記憶しています。

かつては低価格でいいものを出していたのですが「安い」というイメージだけが先行してしまい最終的には単なる安ものブランドという悪い方向に印象付けられた感じは否めません。


▶︎. どうやって復活を遂げたのか?

一度、なくなった会社がどうやって復活を遂げることに成功したのでしょうか。

また、一度なくなった会社のブランド使うことがどれくらいメリットがあるのかも調べてみました。


▷. 復活は譲渡先の新会社で実現

aiwaブランドが譲渡された会社は十和田オーディオ。

秋田県のEMS(製造機器の受託製造サービス)を専門としている会社です。

EMSとは文字通り製造機器の製造を受託して売り上げを作っている会社のこと。

新しくなるaiwaブランドもこのEMSを利用し、製品自体は中国で製造。その製品を日本国内外で販売する方法でブランドの復活を遂げるのです。

自前で工場などの設備を持つのではなく、EMSを利用し柔軟かつ機動的な動きが取れるようになったことで復活が可能になったのです。

ads by Google


▷. 一度なくなったブランド名を使用するメリット

メリットは圧倒的な認知度です。

新しい会社を立ち上げ、そのブランドが全国に周知されるまでの時間を考えるとすでに周知されている会社のブランドを使用する方が圧倒的に短くなるというメリットがあります。

また、継続してブランド名を使用することで以前愛用してくれたファンが戻ってくることで売り上げに貢献してくれるということも考えられるからです。


▶︎. aiwaの新商品発売時期はいつなのか?

新会社のアイワが新たな体制で新商品発売時期や展開される新商品をまとめてみました。

◆発売時期 :
2017年9月から順次

◆発売商品 :
4Kテレビ
CDラジカセ
携帯音楽プレーヤー


かつて、aiwaが強みを持っていたオーディオ機器が蘇るのは非常に注目すべきところではないでしょうか。

今さらCDラジカセかよ!?

なんて思われた方もいるかもしれませんが昨今はアナログAV機器が若い世代に人気が出てきていることもあり、またあの頃のaiwaの勢い取り戻せる時期もそう遠くない未来なのかもしれないですね。

ads by Google